【私の実体験】ブライダルフェアで即決して大後悔・・・絶対、複数見学をおすすめします!

 

こんにちは!

田舎育ちのばなえです。

 

ブライダルフェアについに参加。

本当に軽い気持ちだった。

プロポーズは受けたものの

金銭的にもまだすぐには考えておらず

結婚式なんてまだ夢のようなものだった・・・

美味しい料理も試食できるし、

ふたりで式場をみてみたいっていう本当に軽く考えていた。

あとは3件見学すると、商品券がもらえるキャンペーンも

やっていたこともあり、まんまと釣られた。

しかも締め切りがあと2週間後だったので

土日2日連続でフェアを予約してしまったのだ。

 

人生1度きりのビックイベントを

即決してしまった二人の話を書く。

 

ブライダルフェア1件目

まずは1件目。

まさかこんなにも頭痛と精神的な疲れを

味合うとも知らずにルンルンで参加。

直前に時間の前倒しの連絡があり、

8:45開始となった。

行くまでにかなり時間がかかり

超早起きですでにしんどかったが

気分はまだルンルン。

どの式場からも前倒しの連絡が直前にあったので

そういう何か戦略があるのだろうか。

 

式場に到着後、

感じのいいスタッフさん達が丁寧にお出迎え。

まずは、案内された席にて

アンケートを記入。

ふたりについての質問もあり

楽しく書けた。

担当の人がきてアンケートを見ながら

軽く会話。

時間がきたので早速式場案内へ。

ひとつひとつ丁寧な説明を受け

席へと帰ってきた。

待ってました!試食の時間!

ここはワンプレートでの提供だった。

フェアの名前はフルコースとか

なんやらかんやらいろんなフェア名があったけど

違いが分からない。

ちなみに記載のあった特典についても

なにも話もないし、話題にも全くでない。

貰えたらラッキーみたいな感じだったので

聞くこともしなかったが、

ネットでいろいろ調べてみたらこちらから

聞かないともらえないのだとか書かれてた。

確かに参加しただけで契約しない人にまで、

何万もする特典をプレゼントしてたら堪ったもんじゃないか。

 

試食が終わると

ここからが戦い。

 

担当のスタッフがまずは希望の日にちを聞いてくる。

とりあえず秋希望と回答。

あとは招待人数もある程度で答えると

見積もり作成してきます!と言った。

 

見積もりをもって戻ってくると

リアルな金額で作ってきました、

じゃじゃーん!という感じで広げる。

 

うっひゃーーーーーー

500万弱。

まあこんなもんですよね・・・

そういうと、これがもし今日契約して頂いたら・・・

 

(来た来た。友達からもこういう交渉してくることは

何度も聞いていたので大丈夫、冷静に・・・)

こんだけ安くなるんです!

じゃっじゃじゃーん!

約100万値引された見積書が登場。

魅力的にやっぱり感じてしまう・・

ううっ・・

式場を二人で見に来たのも初めてなので

すべてが素敵に見えるし、

ああここで挙げたいなって気分になる。

比較対象がないからすべてが、わぁすごいってなる。

もともとここが一番の本命ではなかったのだが

雰囲気にのまれてクラっとする。

ただ、絶対に即日決めるつもりもなければ、

ましてや軽く楽しむ感覚できていたので

契約する気は全くなかった。

他にもみたい式場はまだある。

 

正直に明日も別の式場を予約していることを伝えると、

本当にそこに行く意味があるのかというニュアンスのことを言ってきた。

私は二人にとって有意義な時間になるとは思えない、

そこに行くなら、二人に合った別のところ紹介するので

そちらに行かれたらどうか、と言ってくる。

 

いやいや。。。

行きたい見てみたいからその式場を予約しているのであって

なぜ無駄な時間になると決めつけられるのか。。

しかも翌日なのに、

キャンセルを勧めてくる。。。

さすがにそれはないでしょーーー

よほどその式場が良いところで

行かせたくないんだろうな。。

負けちゃうってわかってるから?

営業なので仕方ないことなのはわかってるが、

他の式場を悪いように言ったり、

私たちのことを考えてないのが丸見えなのはやっぱり引ける。

 

私たち二人ともはっきり言えないもじもじした性格なので

余計、相手も押せば行けると思ってぐいぐい来るんだろう。

その性格のせいでどんどんどんどん時間は経っていった。

一言、明日の式場も見たいので、今日は決めるつもりはありません!!!

とはっきり言えばいいのに。

言えないんだよなーーーーーー。。。

うだうだすること早4時間。

担当も疲れが丸見えで目が半分しか開いてない。

もう帰りたい。

今日は決めません、ようやくしっかりと伝えられて

監禁から解かれる。

式場をあとにしたころには

衰弱しきっていた。

式場内に何時間も拘束され

何百万という契約を

本日決めなければ!!!と永遠にせかしてくる。

こんなに疲れたことは久しぶりだった。

すべては自分たちのせい。

もっとしっかりせねば、

これからの人生、先が怖い。

 

でもやっぱり式場は素敵だった。

 

 

ブライダルフェア2件目

昨日の疲れもあって、

今日のフェアは最高に気が重かったが、

朝しっかり二人で誓った。

絶対に持ち帰って冷静に判断しよう、と。

絶対に契約しない。

他にも式場をみてから決めよう。

はっきり言おう、と。

 

この日に参加した式場は

パラパラとゼクシィを見ていて

一番目に留まって気に入ったところだった。

こちらも時間は前倒しの9:00開始。

式場の入り口から、

別世界で本当にきれいだった。

昨日もきれいだったが、

全然違う。

昨日参加した式場では

こんなこともこんなこともできるんですって

言っていたことは

すべてこちらの式場でも当然のごとくに可能だった。

本当に昨日の式場を1件目に参加してよかったと思う。

高い買い物で即決なんてやっぱりやめたほうが良い。

比べ物にならないくらいこの日の式場が良かった。

料理もぶっ飛ぶほど美味しかったし、演出もすごかった。

どの式場で挙げても良い式になるとは思う。

でも後悔はしたくない。一回限りの結婚式。

 

試食会が終わると

いよいよ勝負の時間。

恒例の見積もり書ドーンっからの

本日限りの二枚目ジャジャーン!!

こちらも約100万の値引き。

しかも日にちはベストな日が空いていたこともあり

またしてもクラっ・・・

だめだ、今朝誓ったはずだ。

必死で誓いを思い出した。

そこからいいタイミングで、

ふたりのシンキングタイムを与えられ

どんどんどんどん気持ちが揺らいでいった。

絶対に今日決めないと特典は付けられない。

ホントいやらしい戦略だ。

ほぼほぼ皆さん1件目で決められますよ、

って絶対嘘やろ!!!

なんで一生に一回のしかも大金の契約を

即日即決できるわけ?!

冷静な判断ができる状況ではない中

契約なんて危険だ。

 

しかし、スタッフの押しすぎず引きすぎずの

うまい言葉。

怖い、逃げ出したい。

でもすごい、、今決めたい・・・

いや危ない・・・!

の繰り返し。

6時間が経過していた。

体力と精神の限界が近づいていた。

もう無理だ・・・

なにも考えられない。

もう決めちゃえ・・・

勢いだった。

 

気づいたらサインをしてしまっていた。

スタッフは鳥肌が立ちました、と満面の笑みを浮かべていた。

(きっと契約をとれたことに関して鳥肌がたったのだろう。

今日は祝杯でもあげるのか)

 

とにかく式場から出たかった。

契約の手続きを済ませ、式場を後にした。

出て、式場に背を向けた瞬間

お互い目を合わせた。

 

なんてことだ・・・

なんてことをしてしまったんだ・・・

 

結婚式がきまってしまった。。

突然の出来事にまだ二人は頭の整理ができなかった。

 

自宅へ帰り冷静になった。

もう契約してしまったのは仕方ない。

早かれ遅かれ式は挙げるのだから。

 

しかし。

招待予定人数は90~100人。

契約会場はマックス80人。

入らんやん。

招待できんやん。

無理やん。

 

頭がどうかしていた。

 

しかし契約時に、

会場変更、日程変更についても

キャンセル扱いとなり頭金20万の半額払わなければならない。

そこから葛藤の数日間。

人数を削るか、キャンセル料を支払うか。

なんて私たちはバカなんだ。

ただ後悔だけはしたくないと思い、

無理を承知で会場変更が可能か電話した。

 

よかった・・・

キャンセル料なしで変更できるとのことだった!

ただ特典の値引きは全くなしになる可能性もと言われ、

いやーーーーーーむりむりむりーーーーーー!!

それなら式場自体キャンセルする意思を伝えたところ、

値引きもそのままで変更可能になった。

 

なんとか後悔はしない結果にはなったかなと。

もっと十分な確認をして、慎重に何事も決めていこうと

今度こそ二人で誓った。

 

おそらく特典とかは

交渉次第ではどうにでもなるとおもう。

焦らず、しっかり交渉して

言われるがままにならないよう注意しなければならない。

 

あとは、私の経験からすると式場はぜっっっったいに複数見学するべし。

本命は最後にもってきて、そこで間違いなければ即決すればいい。

絶対に比べることをおすすめする。

この式場が一番いいと思い込まずに

ゆっくり自分達により合った式場を見つけるべき。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です