嫌われる!イラっとされる中途入社新人の6つの行動!

 

こんにちは!

田舎育ちのばなえです。

 

中途入社の新人がイラッとされやすい

行動や態度を書きます。

 

メモをとらない、見ない

メモ取らないで大丈夫なの?

大丈夫ならいいんです。

でも、どうせまた聞くでしょうがぁあ!!!

メモを取らない意味が分かりません。

全部一回聞いただけでマスターできるんですか?

理解できていないことは何度でも

理解できるまで聞いて大丈夫です。

聞くべきです。

でも、一度聞いたら分かることや

単に覚えておけばできることは

必ずメモを取るべきです。

同じことを何回も聞くと、

イラッとされます。

さらに、メモを取るだけじゃだめです。

自分で何回も見直して習得していくべきです。

メモはとっても、結局毎回聞いていたら、

イライラされます。

先輩は、動くメモ帳じゃありません。

 

 

大きなため息

ため息つきたいのは、先輩です。

自分の仕事をしながら、時間を割いて

教えてるんです。

まだ全く仕事も一人でできない新人が

隣でため息してたら、そらイラッとされます。

新人のミスは教育者の責任になりますし、

トラブル対応するのも今はまだ先輩でしょう。

本当にため息つきたいのは新人じゃないです。

無駄に二酸化炭素を増やしてはいけません。

 

同じミスを繰り返す

一度間違えたことは絶対に二度間違えたらだめです。

それは新人に限ったことじゃありませんが、

一度注意されたことは

次回からは敏感すぎるくらいに慎重に取り組むべきです。

あまりに何度も同じミスをすると、

責任感はないのか、仕事をする気がないのか、

イラっとされるだけでなく

信頼さえなくなります。

誰も何も頼めなくなり、

頼みたくもなくなります。

何度言ったら分かるんだ~い

 

今さらなことを今さら聞く

入社してもう何ヵ月?

今更そんなこと聞くって、

今まで何してたの?

と、イライラされます。

イライラどころか、

ポカーンとされます。

まだそんなところに居たんか~い!

そこからか~いっ!

 

なんでも疑問に思ったこと、

気になること、

分からないことは聞けるときに

どんどん聞いておいたほうがいいです。

あとあとになると、

どんどん聞きづらくなっていきます。

自ら質問はいっぱいしておいたほうが良いです。

 

いきなりオリジナルで処理する

一人立ちできるまでは、

言われた通りにしたほうが良いです。

いくら無駄なことだと思っていても、

いくら効率が悪くても、

はじめのうちは黙って従いましょう。

いきなりアレンジを加えたり、

オリジナルのやり方で進めるとイラっとされます。

まずは、その会社のやり方を習得してから

改善策を提案していきましょう。

そうすれば、この人なら任せて大丈夫だと思われ

すんなり意見を聞いてもらえたり、

どんどん意見を求められたり、

仕事のやり方を変えていけるはずです。

入社してすぐは、まずは様子見です。

 

電話にでない

 

一番手が空いているのは

まだ仕事を覚えたての新人のはずです。

取引先や社内の人を早く覚えるためにも

電話は積極的にでるべきです。

自分にできることを積極的に

やっていくと良いです。

 

 

転職後すぐは、

環境の変化でストレスがはんぱないですが、

うまく会社と付き合っていくためにも

はじめの仕事に取り組む姿勢が大事です。

楽しく仕事をしていくためにも

はじめからイラっとされないよう

気を付けられることは気を付けたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です