無性に食べたくなる!気分が悪くなるまで、なぜか私ががっついて食べてしまうもの4つ!

 

こんにちは!

田舎育ちのばなえです!

 

 

無性に食べたくなるもの。

それを食べないと、

もう心を落ち着かせることができないもの。

ありませんか?

 

納豆ご飯

これは神です。

常に食べたいです。

朝ごはんがパンだとしても、

〆に納豆ご飯です。

甘いものやパンを食べると

無性に納豆ご飯が食べたくなるんです。

もう、食べないとやってられなくなります。

気持ちを落ち着かせることができません。

なので、冷蔵庫には納豆を常に買いだめてます。

納豆依存症です。

いつその症状がでても抑えられるように

納豆はきらさず置いておかなければなりません。

なにかデザートをたべて、

ふと、一番に思い浮かぶのは納豆ごはん。

ああ、納豆ごはんがたべたい。

もう納豆ご飯でなければ、

欲を満たすことができないのです。

それくらいに無性に食べたくなる。

それが納豆ご飯。

 

一平ちゃんのカップ焼きそば

スーパーで、目に飛び込んできたら最後。

口のなかに唾液が沸きだすのが感じられます。

急に食べたくなる。

空腹のときは何でも食べたくなるけれど、

一平ちゃんのカップ焼きそばは別格。

3分まてば食べられるという

スピーディーさもあってのことなのか。

もう食べなくてはいてもたってもいられない。

頭の中はカップ焼きそばで埋め尽くされる。

食べているときの記憶はないです。

もう無我夢中でがっついてしまう。

一平ちゃんのカップ焼きそばは

人を狂わせてしまいます。

とり憑かれます。

マヨネーズをかけて食べたらもう止まらない。

食べ尽くすまで、もう元の自分には

戻れません。

食べ終わると、勢いよく食べたことと

極限なる欲望にとり憑かれたことで、

気分がわるくなることもしばしばあります。

自分の胃の限界を越えていることをも忘れ

食べてしまうのです。

そう、それが一平ちゃんのカップ焼きそば。

非常食としても買っていますが、

すぐに食べたくなって食べてしまい、

非常食としての役目は果たしていません。

そう、それが一平ちゃんのカップ焼きそば。

 

玉子焼きご飯

卵を適当に焼き、

マヨネーズをぶりぶりかけ

ご飯に乗せた、玉子焼きご飯です。

卵とご飯とマヨネーズさえあれば、

欲は満たされます。

もう、食べたいと思うより先に、

体は動いています。

卵を焼いている。

卵は常に家にあるので、

いつ食べたくなっても

対応可能なのです。

 

うまかっちゃんインスタントラーメン

とんこつラーメン。

あの、最後に乗せるオイル。

あの香りを思い出すと

どうにも食べたくなってどうしようもなくなります。

お酒を飲んだあとは特にラーメンを

〆として食べたくなりますが、

うまかっちゃんの〆力は半端じゃありません。

うまかっちゃんを食べたくて

家路を急ぎます。

お酒を飲んだときだけではありません。

ふと食べたくなって、

一滴残らず飲み干すまで、

このうまかっちゃん欲はとまりません。

 

 

定期的に無性に食べたくなる食べ物たちには

満腹感だけでなく、脳にその味を植え付け、人を支配する力があるのでしょう。

 

 

↓↓おすすめ~↓↓

                              

【【関連記事】】

⇒⇒⇒意外とうまい!カップ焼きそばに合う調味料

⇒⇒⇒嫌悪と愛が混ざり合う納豆好きの話

                              

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です